« 2007年1月24日 | トップページ | 2007年1月26日 »

SPAのBGMへの不満を感じる

4. <コラム>SPA Musicを作ったきっかけ(更新4回目)

その日を機会に、海外出張などの機会にはホテルのSPAへ出向くようになり、国内でも「SPA休暇」を取るまでになりました。そして、いつかSPAの魅力を一人でも多くの方にお伝えする事ができたらと、思うと同時に、SAPではいつも一つ大きな不満を感じるようになりました。「それは、SPAのBGMが全くダメだと言う事。」

あるSPAでは、施設のリネンもオイルも、照明もエッジが効いててカッコいいのに、なぜこんな普通のリラクセーション音楽がBGMとして流れているの??しかも、夜なのに鳥の「ピピヨピヨ」と言う泣き声まで!これではお客様は時差ボケになってしまいます。

高級SPAであってもこのBGMのセンスは一体どうしたものだろう...と思う事もしばしばでした。有線チャンネル任せのBGMで、有名TV番組のテーマ曲に合わせてのトリートメントを受けた時には、やはりこれは「いただけない」と思ったのでした。

つづく

| コメント (0) | トラックバック (0)

私をリラックスさせる為のマッサージ

4.<コラム>SPA Musicを作ったきっかけ(更新3回目)

マッサージが肩から首の裏側へと進むにつれ、私の呼吸がだんだんと深くなって行くのが分かりました。このマッサージは美しくなる為のマッサージでも無く、また、コリをほぐす為のマッサージでもありません。初めて体験する「私をリラックスさせ、ストレスをリリースする為のマッサージ」なのです。こんなマッサージがあるのかと驚きました。そして、固くなっていた筋肉が和らぎ、いつのまにかうつ伏せになっても苦しくなくなっていました。呼吸に合わせて肌を撫でるようにマッサージしていただくだけなのに、呼吸から、身体の底から、心の底から、ほぐれていったのです。これはもう、マジックとしか言いようがありませんでした。そして、このオイルの素敵な香り...

私は部屋に戻ると、とろけるような心地よいだるさに身も心もあずけて、そのままベットに倒れ込むと食事もとらずに朝までぐっすり15時間も眠ってしまいました。そして翌朝は目覚めすっきり!肌はツヤツヤ、食欲も戻り、朝からたっぷりベルサイユ宮殿を堪能したほどです。このSPAでの経験は、私のSPAへのイメージを全く変えてしまいました。SPAは、将に蘇生の場!そして極上のリラックスが味わえる場所へと変わり、私にはSPAが必要!と思ってしまうほど大好きになってしまったのです。



つづく

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月24日 | トップページ | 2007年1月26日 »