« 2006年1月10日 | トップページ | 2006年1月20日 »

SPA施設とはどんなとこ?-2

 

では、SPAには美容目的やリゾート気分では行けないの? 代替医療とか、予防医療のイメージの方が強いの? と言うとまた、それも違います。美や楽しみへの欲求は、私達、現代人が心身ともに健康でいられる重要な要素です。

ただ外見だけでなく身体の内側も見つめてみたい。貴方がそう願った時、ゆったりとした時間の中で「美しく健康に生きるためのライフスタイルを見つける場所」なのです。

 

そもそもSPAとは、温泉などを利用した病気治療を意味したものでしたが、これまでに現代人の抱えるストレスや、求められるライフスタイルに応じて進化してきました。今日のSPAは、「美容」そして「健康」の2つを融合させた総合施設です。 以下、SPA施設の主な設備とプログラムを記述します。

<おもな設備>

SPAの分類や規模、そして施設のコンセプトによっても異なりますが、SPAにはエステやネイルサロン、ヘアサロン、施術ルーム、ジム、プール、サウナ、ジャクージー、リラックスルーム、カフェ、自然食レストランなどの設備があります。

<おもなプログラム>

その中で温水浴療法、アロマセラピー、タラソセラピー、アンマ、アクアビクス、太極拳、ヨガ、他、リラックスからアクティブまで様々なプログラムを選んで受ける事ができます。


エステとSPAは同じ?

エステ=SPAと思われている方も多いと思います。肌をキレイにしよう!とか、セルライトをどうにかして!など、美容的効果だけを求めていくのがエステ サロンです。

見た感じトリートメントの手法が似ているので、アロマセラピーやハイドロセラピーが、肌をキレイにするためのエステ メニューだと思っている人もいらっしゃると思います。でも、それらのトリートメントはエステではなく、癒しの分野に入ります。大自然の恵みを利用したエッセンスやミネラルで、人間の自然治癒力の向上を計ったりするための癒しのトリートメントです。 

肩凝りやストレスのある時、薬を飲まずにアンマやSPAに行って治す。と、いったイメージだと分かりやすいかも知れませんね。「心身の健康を整えたい時、SPAがある!」 そんな風に考えて下さると分かりやすいかも知れません。


« 2006年1月10日 | トップページ | 2006年1月20日 »